デジタルサイネージの長期貸出・リースの日本レンタルサイネージ公式ブログ

デジタルサイネージの長期レンタル・リースを実現した日本レンタルサイネージ(JRS)の公式ブログ。JRSはヤマトサイネージの長期サイネージ貸出事業としてデジタルサイネージを手軽に導入するお手伝いをしています。

デジタルサイネージの長期レンタル、価格など導入前の注意点

デジタルサイネージのレンタルを考えているんだけど、色んな種類や、オプションがあって何だかわかりにくい。長期レンタルのメリットってつまり何?

f:id:yamato-hisanobu:20180117222013j:plain

まだまだ社会に浸透仕切っていないデジタルサイネージですので、興味は持ったけど何だか難しそうって思われてる方も多いと思います。
ただ、まだ浸透仕切っていない今だからこそ、人々の目を引く絶好のチャンスだとも言えます。確かに複雑そうにみえるデジタルサイネージですが、紐解いていけば、決してそんな難しい話ではないんです。

f:id:yamato-hisanobu:20180117221154p:plain


そこで今回は、デジタルサイネージのレンタル導入をモヤモヤと検討中のあなたに、おさえるべき注意点を明確にし、スッキリとした気持ちでご検討頂けるように解説して参ります!

基本タイプはたった3種類

屋外ですか?屋内ですか?

やはりまずはここがポイントです。
屋内と屋外ではデジタルサイネージの頑丈さが全然違います。
つまり価格も違うのが当然です。
屋内屋外を一律に価格を提示しているところは避けた方が良いかも知れません。知らないで、屋外に屋内用サイネージが設置され、何かあったとき、トラブルの元になります。

(インターネット)配信タイプか否か?

続いては、ネット配信か否かです。こちらもしっかりとした運用方法をイメージして頂いた方が良いと思います。
例えば、何十店舗もあるチェーン店でキャンペーンのお知らせやオススメ商品などをデジタルサイネージでアピールしたい場合は、インターネットのクラウドシステムで、一元管理が可能です。一瞬で同じ情報を複数店舗に流すことが可能で、大幅な時間とコストの削減が実現できます。
一方、一台のデジタルサイネージの導入でしたら、クラウドシステムは必要ありません。USBにコンテンツを入れ、機器に差し込み運用して頂くだけで、低コストでアピールが可能です。コンテンツの変更もUSBの中身を入れ替えるでけです。

タッチパネルか否か?

こちらは、情報をお客様に選んで頂くか否か、といった考え方で判断頂ければと思います。
情報を一方的に流す場合はタッチパネルである必要はないと思います。ただ、大型ショッピングモールなどの施設案内ですと、まずお客様にどんな情報が知りたいか選んで頂く必要があります。
そういった大型施設や、情報量の多いコンテンツの場合は、タッチパネルが有効です。

価格は明瞭か否か?

やはり、価格がわかりやすく表記されているものは安心できますよね。ただ、ちょっと最初からイメージしにくい点として、レンタル期間が満了し、継続したい場合の費用はどうなるか?といった視点があります。JRSでは、2年間の長期レンタル満了時以降、継続してご利用頂ける場合は半額となります!
JRSの価格詳細は下記リンク先にてご覧に頂けます。
digitalsignage-rental.com

コンテンツの運用コストは?

さて、デジタルサイネージの命とも言えるコンテンツ。これにかかるコストはどうでしょうか?
はっきり申しますと、コンテンツに関しては各社、明確な基準がありません。事例と価格表を照らし合わせて、しっかりと打ち合わせして頂くほかありません。
ただ1つ言えるのは、既にコンテンツをお持ちであったり、クリエイターの在籍している会社様ですと、コンテンツコストはさほど掛からないのではと思います。
また、横動画を縦型のデジタルサイネージで流したいのだけど…といったご相談を多く頂きます。弊社には動画編集スタッフもデザイナーも在籍していますので、お気軽にご相談下さい。

電気用品安全法に準拠してるか否か?

デジタルサイネージは電化製品です。ここを多くの方々が見落としがちなのですが、電化製品は電気用品安全法に準拠していなければなりません。事故やトラブルを回避するためにも、ここは要確認事項です。
f:id:yamato-hisanobu:20180117221212p:plain

サポート体制は?保証期間は?


また、初めてのデジタルサイネージ導入においては、機器の使い方や、コンテンツの流し方など、不安を0には出来ません。そこでサポート体制は充実しているか、の確認も重要ポイントです。
さらに機器の故障の場合の保証やサポートはどうなっているのか?こちらも事前確認が必要だと思われます。

JRSでは、通常使用中に機器に不具合が生じた場合は、速やかに代替機を配送いたします。
またサポート体制も平日9時30分~17時30分と充実しております!

いかがでしたでしょうか?少しはデジタルサイネージのレンタルについて、モヤモヤを解消して頂けましたでしょうか?
JRSの宣伝部分が新たなモヤモヤを発生させてしまったかも知れませんが、そこはご勘弁頂ければと思いますm(_ _)m

f:id:yamato-hisanobu:20180117221158p:plain

JRS(日本レンタルサイネージ)では、その他どんな質問でも大歓迎でお待ちしております。多種多様な現場でのサイネージ経験を活かして、最適なプランの提供にとどまらず、常により良い、より面白いアイデアを提案できるようウキウキしながらお客様のお問合わせをお待ちしています。ご気軽にご連絡ください!
digitalsignage-rental.com

デジタルサイネージの販売や短期レンタルにつきましては、是非ヤマトサイネージでご検討下さい!
yamato-signage.com