デジタルサイネージの長期貸出なら日本レンタルサイネージ

デジタルサイネージの長期レンタル・リースを実現した日本レンタルサイネージ(JRS)の公式ブログ。JRSはヤマトサイネージの長期サイネージ貸出事業としてデジタルサイネージを手軽に導入するお手伝いをしています。

屋外用のデジタルサイネージ

こんにちは!JRSです。
今日は屋外のデジタルサイネージについてです。


f:id:yamato-mitsumoto:20170909140458j:plain


デジタルサイネージには屋内専用のものと
屋外用のものがあります。


ではその違いは何でしょう?


屋内用と比べ、屋外用の違いを
例として挙げてみます。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


☑防水・防塵加工のケーシング


屋外で使うためにはまず、
雨に濡れたりホコリがかかっても
故障しないように、


ちゃんと対策されたケースに
モニターを収める必要があります。


例えば屋内用の
デジタルサイネージモニターは、


雨に濡れる心配がないため
ケーシングはいりません。


f:id:yamato-mitsumoto:20170909141619j:plain
(屋内用デジタルサイネージモニター)


まぁ、言ってみればテレビみたいなものです。
けっこう薄型です。


それが屋外用のサイネージモニターに
なるとどうなるか…。


f:id:yamato-mitsumoto:20170909141916j:plain


こんなに分厚くなるんです。
ちなみに右が屋内用です。


雨・風・ホコリからモニターを守るために
かなりしっかりとしたケーシングが必要です。


他にも分厚い理由があるのですが、
それは後からね。


☑高輝度ディスプレイを使用


モニターの明るさを表す単位で
”カンデラ”というものがあります。


分かりやすく言うといつも見ている
家庭用のテレビが約400~500カンデラです。


室内で視聴するには
まったく問題がありません。


なので屋内用のデジタルサイネージモニターも
テレビに近い明るさがあれば問題ありません。


じゃぁそれを外で見てみると
どうなるでしょう?


直射日光の下では周りが明るすぎるため
モニター画面が暗く感じてしまいます。


要するに外では見えにくい…


なので屋外用のサイネージには
高輝度(1500カンデラ以上)モニターを
採用するのが一般的です。


同じ明るさのモニターで実験してみました。


f:id:yamato-mitsumoto:20170909143701j:plain
(室内)


f:id:yamato-mitsumoto:20170909143735j:plain
(屋外)


ね!全然見え方が違うでしょ。


だからモロに直射日光が当たるような場所は、
かなり明るさのあるモニターじゃないと
全然見えないんです。


☑液晶の保護ガラス


屋外仕様のデジタルサイネージの場合は
液晶を保護するガラスの取り付けが必須です。


もちろん防水や防塵の意味も含め、、
液晶をダメージから守ることが必要だからです。


ある程度の衝撃にも耐えれるように
強化ガラスを使うのが一般的です。


f:id:yamato-mitsumoto:20170909144938j:plain


大きな屋外用サイネージは
扉式のガラスになったりします。


そしてもうひとつ保護ガラスで
重要なのが、反射の問題です。


強烈な日差しはサイネージの敵です。
反射をできるだけなくすために、
低反射ガラスを採用するサイネージが多いです。


たまに「無反射強化ガラス」なんて表現を
目にすることもありますが、
騙されないでください。


「無反射」ってのは100%ありえません。
正しくは「低反射」です。


f:id:yamato-mitsumoto:20170909145941j:plain


画像の右が普通の強化ガラス、
左が低反射の強化ガラスのもにたーです。


普通の強化ガラスは反射がきつく、
鏡のようにくっきりと反射しています。


低反射の方は光うぃ吸収するというか、
ぼんやりと反射しているような感じです。


この違いが、サイネージの見え方に
大きな差を生みます。


☑空調設備


デジタルサイネージを外の設置するということは、
気温の変化に耐えれるようにする必要があります。


サイネージモニターは稼働する
温度が定められれいます。


どんな機械でも同じですが、


暑すぎても、寒すぎても
動かなくなってしまいます。


特に怖いのは高温。


サイネージ自体が発する熱と
夏の酷暑のダブルパンチは危険です。


なので最低でも空冷ファンは
ついているものを選びましょう。


外気温センサーと連動して、
自動で空冷してくれます。


f:id:yamato-mitsumoto:20170909151251j:plain


冬場の寒さが厳しい地域では
寒さ対策も必要です。


場合によってはエアコンを
装備させる場合もあります。


そのような装置が内蔵されることも
ケーシングが分厚くなる要因の理由です。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


そんな屋外専用のデジタルサイネージ。


実はレンタルサイネージでは
扱っている業者さんが少ないんです。


その理由としては、


☑仕入原価が高い
☑配送にけっこうお金がかかる
☑屋外での使用は機材の損傷が懸念される


等の理由が挙げられます。


でも…屋外サイネージのレンタルを希望される
お客様がいるのも事実。


リスクを恐れちゃ
何にも始まらんでしょ!


ってことで、JRSでは屋外専用の
サイネージレンタルも扱っています!


飲食店さんや美容室さんの
エントランスにもってこい。


低床型のデジタルサイネージ。


f:id:yamato-mitsumoto:20170909163507p:plain


f:id:yamato-mitsumoto:20170909163705p:plain


存在感をアピールさせたい!
そんな時には自立型。


f:id:yamato-mitsumoto:20170909163902j:plain


雨にぬれてもお構いなし。
安心してご使用ください。


屋外型のサイネージレンタルで
訴求力をUPさせましょう。