読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本レンタルサイネージ公式ブログ

デジタルサイネージの長期レンタル・リースを実現した日本レンタルサイネージの公式ブログです。

自立型デジタルサイネージ


デジタルサイネージには
いろいろなタイプがあります。


f:id:yamato-mitsumoto:20170407125353j:plain


イーゼルスタンドに
モニターを組んだものや、


壁に掛けられたり
埋め込まれたもの。


自立型の
スタンドタイプなど。


今回は自立型サイネージ
って何!?ということで、


コチラ↓


f:id:yamato-mitsumoto:20170407125840p:plain


存在感があります。


イーゼルタイプと比較すると
こんな感じです。


f:id:yamato-mitsumoto:20170315211545j:plain


イーゼルタイプは
立ち目線だと、


目線を下にしないと
見れません。


そのため、見やすいように
角度をつけて設置します。


自立型の場合は、


人が立っているときの
目線と画面が同じ位置に来ます。


なので画面は垂直に
設置されます。


なので昼間は光の反射を
抑えることができ、


見えやすいという
メリットもあります。


デジタルサイネージを
設置の際の参考にしてください。

タッチパネルのデジタルサイネージ注意点

こんにちは。JRSです。

今日はタッチパネル式のデジタルサイネージに関する注意点です。タッチパネル式のデジタルサイネージを触ったのに反応しない・・反応が鈍い・・・そんな経験はありませんか?

もしかしたらそれは機械のせいじゃなく、あなたに原因があるかもしれません。

blog.yamato-agency.com

デジタルサイネージレンタル 新機種入荷のお知らせ

JRSです。


レンタルサイネージに
新たな仲間が加わります。


42インチAndroid搭載の
6ポイントタッチセンサー!!


まるで大型の
スマートフォン!?


f:id:yamato-mitsumoto:20170224092124j:plain


Wi-Fi環境であれば
ネットに繋いで、


スマホやタブレットと
同じようになんでもできちゃいます。


また、USBやHDMIなどの
入力ポートもあるので、


ネットに繋がずコンテンツ配信
することも可能です。


最大の魅力は6ポイントの
タッチセンサーで


コンテンツの拡大や縮小
ができることや、


通常のデジタルサイネージでは
情報の一方的な配信になってしまいますが、


タッチパネルにすることで、


インタラクティブな
コンテンツ配信が可能になることです。


2017NEWバージョン!!
42インチAndroid&touch!!


間もなくレンタル解禁です。